味付けのりだと思ってくれるかな

味付けのりだと思ってくれるかな

イタズラが好きな私のイタズラ心をくすぐるお煎餅が登場しました。その名も『まるで味付のりせんべい』海苔が練り込まれたこのお煎餅は、真っ黒な色も長方形の形も、本当にまるで味付けのり!お煎餅だけじゃなく、個包袋まで味付けのりに似せているという念の入りよう。どうせやるなら徹底的にという姿勢、大好きです♪

この味付けのりにそっくりの味付けのりせんべいを、素知らぬ顔で朝食に出してみたい。果たして騙されてくれるだろうか?

お煎餅の中では薄焼きですが、味付けのりほどペラペラじゃありません。とても軽いとはいっても、味付けのりに比べれば何枚分もの重みがあります。袋から取り出してもまだ気づかず、ご飯を巻こうとすることはないでしょう。見た目に騙されて袋を手にとった時点で、イタズラ作戦は成功といえます。

ただ問題なのは、袋にはご丁寧に「味付けのりせんべい」と印字されていること。そしてこれはどうしようもないことですが、袋のデザインがいつも食べている味付けのりと違うこと。せんべいの文字に気づかず、袋のデザインなんて気にしていないことを祈ります。

海苔が巻かれた煎餅は定番だし、青さが練り込まれた煎餅も珍しくありません。でも、海苔が煎餅に練りこまれているものって、どこにでもありそうであまり無かったような気がしませんか?

この珍しい煎餅を作るのは、岩塚製菓という新潟にある菓子メーカー。どちらかというと岩塚製菓にはおもしろいというより、無難なイメージがありました。それだけに、こんなユーモア溢れるお煎餅を作るとはちょっと意外です(^^ゞ

「味付け海苔風シーズニング」を使うことで、味付けのりらしさを出しているようです。そんなシーズニングがあるというのも意外でした。

シーマハイブリッド

パーティーの飾り付けに四苦八苦!

明日の娘の誕生日パーティーのためにお家をせっせと飾り付け。

まず幼稚園の学芸会などでよく作った折り紙のカラーリング。

あれ最近では百均でもう切れてあるそれ用の折り紙が売ってあるんですね。

それを購入してのりでペタペタ。何年ぶりに折り紙にのりなんぞ塗ったであろうか。

次は折り紙をクルクルまいて天井から垂らすことに。うん、なかなか可愛い!

でもなんか物足りないので、ハート型の風船をドンキホーテで買ってきてふくらますことに。

これがなかなか大変で・・・。

口で頑張ってたんだけど酸欠になりそうなので、浮き輪なんかをふくらます空気入れでプシュプシュ。

はじめからこれ使っておけば良かった~(涙)

で、風船を両面テープで壁に貼りつけ飾り付け完了。

しかし今日は台風のように風邪がキツい。

用事でベランダや玄関のドアを開けるたび飾り付けが一つ二つ剥がれ落ちる。

勘弁してくれー。

娘も飾り付けをかなり喜んでくれたようで終始ご機嫌な様子。

ただまだ3歳ということでせっかく飾り付けた風船を、もぎ取って遊ぼうとしたりカラーリングを引っ張ったり(汗)

でもまぁなんともない感じで「しらっ」とされるよりはやりがいあるけど。

そして数時間後ー。

壁に貼りつけた風船がポトポトと落ちはじめる。

かろうじてついている風船もなんだか少しずつ小さくなっていってる?!

わー、全然明日までなんて保つ気配なし!

また風船に空気を入れ直し、両面テープを貼り直して。二度手間な事をしてしまいました。

でもこういうのが撮った写真のバックに写っていたら、

大きくなって写真を見返した時に、「ちゃんとお祝いしてくれてたんだな」と思ってくれたら、

頑張った甲斐がありますよね。

こんな事で喜んでくれるのも本当に今だけ。

あと何年かすれば家族でパーティーよりお友達が優先になりますからね。

少々面倒くさくても子供が小さいうちはイベント事、マメに頑張ろうと思います。

あぁなんだか疲れた~!幼稚園の先生とかきっと大変なんだろうなーと感じさせられました。

これで明日はパーティーご飯を作ってバッチリです。

では明日に備えます!